ある小説の中に、世界を旅して「何を祀ってあるのかわからないんだけど、地元の人が拝んでいるものには手を合わせることににました。そうしたら、なぜか商売がうまくいくようになったんですよ」というフレーズがありました。SFだし、本筋とはまったく関係ないんだけど、心に残った一節です。そんなわけで(どんなわけで?)、日々の何気ないできごとを綴ってみようかと思います。
2007/07/14  (土) 

武田神社

甲斐善光寺のすぐそばに武田神社があります。武田信玄を祀った神社で、もともとは住居だった躑躅ヶ崎館の跡地に建てられたものです。この館には信虎、信玄、勝頼の三代が60年余りにわたって居住していました。1938(昭和13)年にはすでに国の史跡として指定されています。

今年はNHKの大河ドラマの舞台になっているので、多くの人々が訪れているようです。私たちも、ここまで来たからにはミーハーをやらなくちゃね、というわけで、霊場とは関係ありませんが、武田神社にも立ち寄ってみました。この辺は、地名も武田っていうんですね。

    

信玄の命日にあたる4月12日には武田二十四将を模した騎馬行列などが行われる信玄公祭が行われているようです。今年はきっとすごい人出だったんでしょうね。テレビの影響、恐るべし!という感じなので。

     

庭にある「武田水琴窟」は、地下のわずかな水の流れを竹筒に耳を当てて聞くというもので、本当に涼やかなきれいな音色が聞こえてきます。ときどきコトンと音をたてる獅子脅しもあり、音の文化の極みという感じです。風流だなぁ、武田さん。

     

武田勝頼が茶会を催したときに使ったという「姫の井戸」という湧き水も、いまも清涼な水を湧き出させています。別名「茶之湯の井戸」とも呼ばれるそうで、いわゆる「名水」なのかもしれません。コンビニでペットボトルの水を買うより、おいしいかも。

                                  

庭にはこんなものも自由気ままに歩き回っています。なんだかのどかです。 

      
武田信玄は戦国でもっとも強い武将だったといわれ、甲斐の国の守護神ですから、死後は神様にもなるだろうという感じ。徳川家康も神様になりましたもんね。この神社にお参りすると得られるご利益はずばり「勝運」。また、境内にある「三葉の松」は珍しいもので、黄金色になって落葉することから、身につけると「金運」のご利益があるといわれます。「勝運」と「金運」、どちらもぜひ、いただきたいものであります。

 「勝運」「金運」の縁起物はこちら



縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!
縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!

上に戻る | コメント(0)

打出の小槌(ストラップ)打出の小槌(ストラップ) ¥980
商売繁盛、福の神の恵比寿様、大黒様。サイコロはどこ転がしてもいい芽が出るサイコロ、災難を切るかえると心臓、肝臓、腎臓、すい臓、脾臓、身体に命令する脳を守るひょうたんが、縁起のいい打ち出の小槌に収まっています。縁を結ぶ祈願された5円玉も一緒に。


2007/07/13  (金) 

永昌院(甲斐霊場第4番)

第1回目の霊場めぐりの最後は永昌院です。ここもナビさまご存知なかった(^_^;) 住所を手がかりに進んだわけですが、よくわからなくて立ち往生していたら、近くに「長源寺こっち」という矢印を発見。お寺さんなら、永昌院もご存知だろうと、道を尋ねるためにそちらに向かいました。が、ここもタイヤ落ちない?という細い農道の奥のほうで……冷や汗もの。

 
到着した「長源寺」は広々として、「民話の奇岩」という伝説の岩もあり、立派なお寺です。「すいませ〜ん」と声をかけて、わざわざ出てきていただいのは、お坊さんらしい感じですが、若い方でした。丁寧に道を教えてくださったので(が、けっこう辿りつけるかどうか不安という複雑さ)、クルマに戻ってUターンしようとしていたら、出てきて、近道があるから案内してくださるとのこと。クルマで先導していただきました。本当にご親切で、ありがたかったです。宗教家はこうあるべし、って感じの好青年でありました(^_^;)
 

さて、永昌院。本当に山奥です〜。この山地一帯を地元では永昌院山と呼ぶそうですが、山門のところからは御坂山系の山並みから甲府盆地東部一帯が見渡せます。
ここには、そこに登って行く道はあじさいがきれいです。江戸中期までは修行所で、いつも80人ぐらいの修行僧が住んでいたといいますが、1909(明治42)年の火災でほとんどの建物を焼失してしまったそうで、いまは修行僧の姿はありません。

景色は素晴らしいですが、また階段


本堂の左から裏山へ登ると信玄の四代前にあたる武田信昌のお墓があります。この信昌の墓所に登っていくの小道は「あじさい道」といって、知る人ぞ知るあじさいの名所でもあります。ちょうどがくあじさいが花盛りでした。

  

お寺の奥さんが、「風林火山でNHKが取材にきたんですよ」とおっしゃっていたので、テレビでこのお寺を見られるかもしれませんね。

   こんなものも見つけました


 



縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!
縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!

上に戻る | コメント(0)

身代わり瓢箪身代わり瓢箪 ¥980
生まれ年の守護神があなたの厄をすべて身代わりとなってせおってくれるという瓢箪(ひょうたん)です。上部からのぞくと、それぞれの神様のお姿が見えます。色は白、緑、橙の3色あります。ご購入の際には「連絡事項欄」に“必ず”●生まれ年●ご希望の色をお申し出ください。


2007/07/12  (木) 

大蔵経寺(甲斐霊場第3番)

光福寺から大蔵経寺までは2〜3キロ。その前に、国道に出たとたんに発見したドラッグストアでかゆみ止めを買い、蚊に刺されたところに塗りまくりました〜。いわゆる薮蚊というのでございましょうか、思いっきり真っ赤に晴れ上がり、かゆい、かゆい。これって、修行が足りないってことですか(笑) 
  
このお寺は徳川家とのゆかりが深く、天正の頃には家康の祈願所となっていたそうです。山門の扉とその脇にある大きな灯籠には徳川の紋がはいっており、所蔵品にも徳川家にかかわるものも多いそうです。ですが、中途半端な季節の平日で、あっちこっち鍵がかかっていました。
 
背後には緑の山がそそり立ち、塀で囲われたお寺自体は大きいものではありませんが広々とした雰囲気です。静まりかえっているので、誰もいないのかなと心配しながら御朱印をもらおうとピンポンしてみました。よかった。お寺の方がいらっしゃいました。
  
御朱印を書く間に、よろしかったら庭を……とご案内いただいて、上がりこんで中庭を拝見すると、これが見事に手入れされた美しい庭でした。池と白砂と岩が調和して、京都の寺院のような。ピンポンしなければ、これを見損なうところでした。これは一見の価値がありますよ。

 石和温泉郷七福神の寿老人も



縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!
縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!

上に戻る | コメント(0)

本つげ招き猫本つげ招き猫 ¥960
国産の柘植(つげ)を使っています。長期間使っていただくと、つやが出てとてもシックな色合いになります。こうなれば金運パワーも倍増です。


2007/07/11  (水) 

光福寺(甲斐霊場第2番)

光福寺があるのは善光寺から東へ2.5キロほど。ナビには登録されていなくて、この辺かなぁと曲がったところが大当たりで、まっすくお寺に到着しました。階段を上がった観音堂のあたりでなにやら読経の声。巡礼なんでしょうか、おばさん6人、おじさん1人のグループが般若心経を唱えておいででした。
下の観音堂   上の観音堂

 
甲斐源氏の祖である新羅三郎義光)が、「後三年の役」の戦死した人々を弔うために開山した真言宗の寺院でだったとか。その寺は、山崩れで寺は失われ、1547(天文16)年に武田信玄が、浄土宗岩泉山光福寺として再建したそうです。
富士山が真正面に見えます 

 
お経の声に導かれて?階段を上り、観音堂に到着。実はこれを本堂と勘違いしました(^_^;) お参りしてから右横をみると、観音堂へ上がるという急な石の階段があったので、とりあえず行ってみるかと昇ってみると……、ちょっと広場になっていて、観音堂まで50メートルと書かれた表示がありました。
 
50メートルならと、歩き出したのですが、これが険しい! 一応、石が階段状になっているのですが、天然石で大きさもまちまち。手で足を引っ張り上げなくちゃ登れないようなところもあって(足が短いだけ?)えらいこっちゃ!
険しい山道のような参道


終点の観音堂は、岩をくりぬいた洞窟のようなところに半分埋め込まれるようにお堂が建ち、足の弱い人には危険かもっていうぐらいのところでした。これは上の観音堂と呼ばれ、最初に参拝したところは下の観音堂ということらしいのです。参拝して下り始めたのですが、こういう道を下るのは登るより恐かったです。その上、むっちゃくっちゃ蚊に刺されて(>_<)
 
で、降りてきたら、なんと本堂は駐車場のすぐ脇だっていうことを発見。住職と奥様が庭木の手入れをなさっていました。そこで御朱印をいただいたのですが、すごくやさしい物腰の上品な奥様で感激いたしました。
 
光福寺はたびたび山崩れや火災などにあい、現在の本堂は1965(昭和40)年に、二つの観音堂は1997(平成9)年に建てられたそうです。



縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!
縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!

上に戻る | コメント(0)

打出の小槌(ストラップ)打出の小槌(ストラップ) ¥980
商売繁盛、福の神の恵比寿様、大黒様。サイコロはどこ転がしてもいい芽が出るサイコロ、災難を切るかえると心臓、肝臓、腎臓、すい臓、脾臓、身体に命令する脳を守るひょうたんが、縁起のいい打ち出の小槌に収まっています。縁を結ぶ祈願された5円玉も一緒に。
2007/07/10  (火) 

法多山尊永寺「万灯祭」

テキヤ物語」のロケーションとして法多山尊永寺(静岡県袋井市)がでてきます。これからですけど(^_^;) 地元では有名なお寺のようですが、聞いたことがなかったので、一度、たずねてみたいなと思っていたのです。今日は、その法多山の「万灯祭」だというので、ちょっと足を延ばしてみました。って、何も5・10日でしかも雨の日にいかなくてもねぇ(笑) とはいえ、片道240キロ余り、東名は思いがけずすいていました。

 
法多山でも、7月10日は一年でもっともご利益のある日。1日で4万6千日分のご利益の日です。昨日と合わせれば、250年分ぐらいOKですね(^_^;) この日にご本尊の厄除観世音に灯りを献ずれば、そのご利益はさらに倍増するといわれ、境内には献灯がたくさん並びます。それで古くから「万灯祭」と呼ばれているそうです。

  
あいにくの雨で、しかも平日の昼間ですから、善男善女の姿はまばらでしたが、夕方6時を過ぎて、灯籠にあかりが入れられるころになれば、きっと多くの人々が参詣に訪れたのでしょう。残念ながら夜まではいられなくて。
  

万灯祭にあわせて「厄除ほおずき市」も開かれていました。ご本尊の前で厄除祈願をされた鉢植えのほおずきだそうですが、境内のちょっと下に仮説店舗が2軒でていました。ほうずきは、「四万六千日」の縁起物として一般的なようですね。

 
いや、しかし、広い! というか、参道の入り口にある「仁王門」をくぐってから、本堂の見えるところまで1キロぐらいあるのではないかしら? 道の両側には何もなく、緑深い土の道ですから、遠くても苦にはならず、むしろ気持ちのいい散歩道という感じですけど。
 → →

そして、いよいよ本堂に昇る。そう、昇るんですよ、階段を。試しに数えてみたら、本堂の下のほおずき屋さんの出ている踊り場のようなところまでで、122段ありました(-_-;) それからちょっと私は横に外れたのですが、まっすぐ昇れば、あと20段ぐらいはありそう。

 
帰りに写真を撮っていたら(本当は下山道は別なルートになります)、昇ってくるお参りのお年寄りがが「うわぁ〜」とか「ひぇ〜」とか言っていて、「もう少しですか?」と聞かれたので、「いえ、まだ倍以上あります」と答えたら、絶句してました。その方も初めてのお参りだったんですね。
 

下山ルートに一軒だけ、お団子家さんがあり、名物らしいです。厄除け団子、自動チケット販売機があり、チケットを買ってお皿を受け取るようです。なんだかな(笑) 私は甘いものはどちらかといえば苦手なので、素通りしちゃいましたが。

 下山道には不動明王像も

 
「仁王門」は歴史を感じさせる渋い門でしたが(重要文化財)、参道の中間ぐらいにある「黒門」も立派。この奥にある「本坊」もどっしりとした重厚な建築でした。

仁王門   黒門

 
明日、筋肉痛にならねばいいのですが(-_-;)



縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!
縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!

上に戻る | コメント(0)

身代わり瓢箪身代わり瓢箪 ¥980
生まれ年の守護神があなたの厄をすべて身代わりとなってせおってくれるという瓢箪(ひょうたん)です。上部からのぞくと、それぞれの神様のお姿が見えます。色は白、緑、橙の3色あります。ご購入の際には「連絡事項欄」に“必ず”●生まれ年●ご希望の色をお申し出ください。
浅草寺「ほおずき市」
川崎大師「風鈴市」