ある小説の中に、世界を旅して「何を祀ってあるのかわからないんだけど、地元の人が拝んでいるものには手を合わせることににました。そうしたら、なぜか商売がうまくいくようになったんですよ」というフレーズがありました。SFだし、本筋とはまったく関係ないんだけど、心に残った一節です。そんなわけで(どんなわけで?)、日々の何気ないできごとを綴ってみようかと思います。
2007/03/23  (金) 

春財布

春に財布を買うと縁起がいいといわれます。これは春財布=張る財布、つまり財布がふくらむよという語呂合わせ。お金がたまるという期待を込めて、せめて財布ぐらいは新しくしようよという、庶民のせつない夢なんですね。

 

かつては、お彼岸の縁日に財布を求める人が多かったそうです。もともとは節分以降、つまりは2月初旬からいまごろまでのお買い求めグッズ。秋になると「空き財布」とかいわれて、あまり縁起がよくないという説と、「実り財布」とかいって、やっぱり縁起がいいという説があるみたいです(^_^;)

 

黄色い財布が縁起がいいとか、お札を下に向けて入れると出て行かないとか、「お金がほしいよ〜!」系の縁起はやはりたくさんあるようです。財布につける「根付」は、打出の小槌か、カエルが多いですね。出て行ったお金が帰って来るようにと。ちいさなカエルをお財布につけるのではなく、お財布の中に入れておく人も多いようです。

  



縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!
縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!

上に戻る

打出の小槌(ストラップ)打出の小槌(ストラップ) ¥980
商売繁盛、福の神の恵比寿様、大黒様。サイコロはどこ転がしてもいい芽が出るサイコロ、災難を切るかえると心臓、肝臓、腎臓、すい臓、脾臓、身体に命令する脳を守るひょうたんが、縁起のいい打ち出の小槌に収まっています。縁を結ぶ祈願された5円玉も一緒に。
2007/03/22  (木) 

犬の「おかあさん」

犬を散歩させてる人たちが立ち話をしているとき、「○○ちゃん(犬の名前)のおかあさん」とか「××ちゃんのパパ」などと呼び合っているのをよく聞きます。犬も家族の一員で、我が子のように可愛がっているのだから、みんな何の疑問もなくそう呼んでいるのだろうと普通に思っていました。外で飼っている大型犬より、室内犬の飼い主に多い現象のようですね。

 

ところが、「○○ちゃんのおかあさん」なんて呼ばれると、「私は犬を産んでなーい!」と気分が悪くなるという愛犬家がおりました。室内犬で、すごく可愛がっているけど、産んだわけじゃなくて飼っているのだと主張しております。ごもっともでござります。見識がある!

 

別の友人に聞いてみました。すると「私はこの子のおかあさんじゃない」というので、ああ、そういう人ってけっこういるんだな、と思ったら、「おかあさんは姉で、私はおねえさん」と言われた。うーむ、犬好きの人って、やっぱりずっぽりハマっちゃってる人が多いようで(笑)



縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!
縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!

上に戻る

身代わり瓢箪身代わり瓢箪 ¥980
生まれ年の守護神があなたの厄をすべて身代わりとなってせおってくれるという瓢箪(ひょうたん)です。上部からのぞくと、それぞれの神様のお姿が見えます。色は白、緑、橙の3色あります。ご購入の際には「連絡事項欄」に“必ず”●生まれ年●ご希望の色をお申し出ください。
2007/03/21  (水) 春分の日

遠州「お鴨江まいり」

鴨江寺(静岡県浜松市)へ行ってきました。お彼岸の法要が行われています。我が家の菩提寺ってわけではありません。知り合いの元テキヤ(露天商)のヒデさんが子どもの頃、ここで商売をしていたというので、一緒についていって「あの頃と変わったかなぁ」ジャーニーをしてみたのです。


その昔、行基菩薩様が鴨江の沢の奥に湧き出ている泉を汲んで精霊をご供養し、極楽浄土をつくりだしたという言い伝えがあります。観音様に感謝をするために鴨江寺が建立されたというのが、このお寺の縁起です。鴨江寺は、近隣の人々に「死ねば鴨江に行く」と信仰されてきたそうです。先祖へのお彼岸まいり、亡き人への孝行まいりなどを、「お鴨江まいり」というそうです。

  

 

お彼岸の7日間。昔は、見世物小屋の興行などもあり、テキヤの呼び込み口上(タンカ)が、自由に撞かせてくれる境内の鐘の音とあいまってとても賑やかな縁日だったそうです。いまでは縁日と言ってもたこ焼きやお好み焼などの食べ物屋さんがほとんどで、おもちゃなどを売る露店がほんの少し。かつての賑わいを知るヒデさんにいわせるとお店の数もずいぶん減ったとか。

おいしそうな匂いが漂う露店 

 

でも、鐘はいまでも自由に撞かせてくれますし、境内には法要の読経が流れ、長い柄杓で観音様に水をかける供養が行われ、現代に生き続けている「鴨江まいり」の信仰を感じさせられます。昔なつかしい輪投げや射的もあり、金魚すくいやヨーヨーに吸い寄せられる子どもたちの姿はいまも昔も変わらない風景でしょうね。

 順番に鐘撞きOK

 

しかし! 東名で事故があり、大渋滞。12時間、ずっとステアリング握りっぱなしというのは、さすがに疲労困憊です〜。



縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!
縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!

上に戻る

打出の小槌(ストラップ)打出の小槌(ストラップ) ¥980
商売繁盛、福の神の恵比寿様、大黒様。サイコロはどこ転がしてもいい芽が出るサイコロ、災難を切るかえると心臓、肝臓、腎臓、すい臓、脾臓、身体に命令する脳を守るひょうたんが、縁起のいい打ち出の小槌に収まっています。縁を結ぶ祈願された5円玉も一緒に。
2007/03/20  (火) 

都庁は広い!

申請書類があって、都庁へ行ってきました。広いねぇ〜。こんなところでふんぞり返ってるんだもん、石原さんも辞められないよね(笑)

 

パスポートの申請などは大きく表示されていて、入ってすぐだからわかりやすいのだけど、事業関係だと、まず、自分がどこへ行くべきかがわからない。とりあえず、受付で聞きました。受付でもすぐはわからず、調べて、該当部署に電話をかけて、確認してから場所を教えてくれました。親切です、はい。あんなところでたらい回しになんかされっちゃったら、アリアドネの力でも借りなきゃ出てこられないもんね。

 

上の階から中央公園を見下ろすと、桜がきれいです。まだ開花はしていないのかもしれませんが、つぼみでも公園全体がふんわりピンク色になってる感じで。エレベーターを待つ間に、みんなが窓にはりついていました。

 

そういえば、いっときは青いビニールシートが張りつめられている感じだった中央公園ですが、ビニールシートに住んでいた人たちはどこへ行ったのでしょう。



縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!
縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!

上に戻る

身代わり瓢箪身代わり瓢箪 ¥980
生まれ年の守護神があなたの厄をすべて身代わりとなってせおってくれるという瓢箪(ひょうたん)です。上部からのぞくと、それぞれの神様のお姿が見えます。色は白、緑、橙の3色あります。ご購入の際には「連絡事項欄」に“必ず”●生まれ年●ご希望の色をお申し出ください。
2007/03/19  (月) 

お彼岸ですね

お彼岸ウィークですね。昨日、クルマで出かけたら、甲州街道は長蛇の列。多磨霊園に右折するクルマがたまっていたのでした。仏壇のない家も増えていると聞きますが、お彼岸はやっぱりお墓参りに行く人って多いんですね。子どもたちも春休みやら試験休みやら、学年が変わるときだから、きっと宿題もないのよね。家族連れも多いようでした。

 

そういえば、私はしばらくお墓参りしてないなぁ。今年は行ってみることにしましょうかね。あっちのお寺こっちの神社と観光はして歩いても、自分チのお墓参りはご無沙汰してるっていうのもなんだかね(^_^;)



縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!
縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!

上に戻る

打出の小槌(ストラップ)打出の小槌(ストラップ) ¥980
商売繁盛、福の神の恵比寿様、大黒様。サイコロはどこ転がしてもいい芽が出るサイコロ、災難を切るかえると心臓、肝臓、腎臓、すい臓、脾臓、身体に命令する脳を守るひょうたんが、縁起のいい打ち出の小槌に収まっています。縁を結ぶ祈願された5円玉も一緒に。
神前結婚式
春の花