ある小説の中に、世界を旅して「何を祀ってあるのかわからないんだけど、地元の人が拝んでいるものには手を合わせることににました。そうしたら、なぜか商売がうまくいくようになったんですよ」というフレーズがありました。SFだし、本筋とはまったく関係ないんだけど、心に残った一節です。そんなわけで(どんなわけで?)、日々の何気ないできごとを綴ってみようかと思います。
2007/08/27  (月) 

中央フリーウェイ(-_-;)

昨日の火祭りで、クルマを遠いところに停めてしまったこともあり、なんだかんだと15キロ以上は歩いた計算。足が棒ってこういうこと?という状態になりました。最後はよろよろしながら帰途に着いたのですが、その影響か本日は1日ボーっとしてすごしておりました(-_-;)
 
疲れた理由のもう一つは大渋滞に巻き込まれたこと。やっとクルマにたどりついて、高速道路に乗り、河口湖線から中央道の本線に合流したとたんに大渋滞。えーっと思って交通情報を聞けば、中野トンネルを頭に30キロとか……。
 
近くに学校に通っている子どもがいないので、まったく失念していましたが、昨日は夏休み最後の日曜日で、家族連れレジャーのお帰り車の渋滞だったようです。東名も海老名から25キロとラジオが叫んでおりました。
 
お盆やゴールデンウィークは混んでるから家からでない、という鉄則で暮らしているのですが、こんなところでハマリ込むなんて! なにが中央フリーウェイじゃ〜! と罵声を上げてももう遅い……。河口湖ICのところで、ナビが「30キロ先、渋滞です」なんて勝手にしゃべっていたのを聞き流していたけど、コレでしたか……。
 
こういう激しい渋滞は途中で高速を捨てるかどうか、悩みますね。上野原で降りようか、降りまいか。こういうときは、きっと一般道路も混んでるだろうしなぁと思っていると、出口のところだけ不思議に流れるんですよね。で、まあ、いっかと出口を通過するとすぐまたストップ。家にたどり着いたのは午前様でした。8時に河口湖なら、普通でいえば10時前には家に着いてるところなのに……。何が中央フリーウェイだ〜〜〜(笑)



縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!
縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!

上に戻る | コメント(0)

打出の小槌(ストラップ)打出の小槌(ストラップ) ¥980
商売繁盛、福の神の恵比寿様、大黒様。サイコロはどこ転がしてもいい芽が出るサイコロ、災難を切るかえると心臓、肝臓、腎臓、すい臓、脾臓、身体に命令する脳を守るひょうたんが、縁起のいい打ち出の小槌に収まっています。縁を結ぶ祈願された5円玉も一緒に。


2007/08/26  (日) 

冨士浅間神社「吉田の火祭り」

富士吉田市で行われる「吉田の火祭り」は、北口本宮冨士浅間神社と境内社諏訪神社の秋祭りであると同時に、富士山の夏山シーズンの終わりを告げるお祭でもあります。日本三奇祭の一つに数えられるそうですが、確かに夏の暑いさなかに火の粉を飛ばしながらゴウゴウと燃え盛る大松明は奇観といえるかもしれません。

 
夕暮れが迫る頃、メインストリートの歩道脇には一山の土が盛られていきます。そして車両通行止めになる16時30分、土は道路の中央へ運ばれ大松明を支える土台に変身。そばには大松明がゴロリと寝そべって立たせてもらうのを待ちわびているようです。
 

その近くには高く積み上げた薪の塔も次々出現します。これは大松明とは別に、ご近所の方が自分の家の薪を積み上げるようです。互いに交差させた、かなり背の高い薪の塔があちこちに。この高さを密かに競っているのでしょうか?

  
その頃、北口本宮冨士浅間神社ではお神輿が出発の準備。勇壮な宮出しを見ようと多くの人が集まってきています。お社の横には、富士山への登山口があり、昔はみんなバスなんか乗らないで、ここから一歩一歩頂上を目指したのでしょう。鳥居に掲げられているのも、ずばり「富士山」でした。

  
大松明に点火される少し前に、いわゆる普通の神輿と富士山をかたどった真っ赤な神輿が街へ繰り出してきます。その前にすべてミニチュアのような子ども神輿もちゃんと2台セットで練り歩いてきました。ホンモノの富士山の神輿は1トンもあるそうで、大勢で担いでいてもかなり重そうです。
  

太鼓とご神木の前触れで、神輿がメインストリートを練り歩いた直後、大松明が次々と立ち上げられ、提灯を持った若衆たちによって点火されていきました。高さ約3メートル、合計で79本が1列に並べられて夜空を焦がさんばかりに燃え盛ります。この行列、2キロぐらいは続いているので一望にはできませんが、真ん中あたりで左右を見渡せば、ずっと夜空に映える火炎の列が見えてかなり迫力があります。
  

近くによると火の粉は飛んでくるは、熱いは、それはそれで大変なものです(^_^;) 大松明の列の両脇にあっという間にたくさんの屋台、露店が出現しました。見物客はカキ氷などを買い求めて、熱い火と冷たい氷のコントラストを楽しみながらそぞろ歩いているようでした。
縁日ガイド」にも写真をアップしてあります。



縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!
縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!

上に戻る | コメント(0)

身代わり瓢箪身代わり瓢箪 ¥980
生まれ年の守護神があなたの厄をすべて身代わりとなってせおってくれるという瓢箪(ひょうたん)です。上部からのぞくと、それぞれの神様のお姿が見えます。色は白、緑、橙の3色あります。ご購入の際には「連絡事項欄」に“必ず”●生まれ年●ご希望の色をお申し出ください。


2007/08/25  (土) 

納涼会?

汗だくで駅から歩いてくると、朦朧とした耳にスピーカーから流れる盆踊りの音頭が聞こえてきました。いま頃、どこで盆踊り? と思ったら、某大企業が玄関前を開放していて、家族連れがいっぱい集まっていました。
 
景気よく音楽はかかっていましたが、踊りの輪はありません。道路を閉鎖して、縁台がたくさん置かれ、屋台らしきものが幾つか……。これは、盆踊りムードの納涼会なんでしょうかね。まだ、日は落ちてない感じで、道路の縁台は暑そうではありましたが、子どもたちが焼き鳥などをほおばっておりました。
 
脇のほうに袋に入った景品の山が置いてあったので、抽選会か何か行われるのかもしれません。シャツに汗染みを作っていた私は、チラッと横目で眺めて通過してしまいましたが、夏休みもあとわずかという子どもたちにとっては、最後のお楽しみだったかもしれませんね。道路閉鎖で路地から路地に迂回させられるクルマにとってはいい迷惑ですが(笑)
 
夏休みはあと1週間。宿題もラストスパートかな?と思うのは、そーゆーやり方をしてきた怠け者の言うことで、もうとっくに終わらせて、のんびり夏休みの最後を過ごしている立派な子どももいるかもしれませんね(^_^;)
 

テレビでは世界陸上花盛り? 見ているだけでも汗が噴出しそうな高気温、高湿度の中、スポーツ選手の体力ってすごいなぁと感心するばかり。



縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!
縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!

上に戻る | コメント(0)

本つげ招き猫本つげ招き猫 ¥960
国産の柘植(つげ)を使っています。長期間使っていただくと、つやが出てとてもシックな色合いになります。こうなれば金運パワーも倍増です。


2007/08/24  (金) 

長い試合

久しぶりに神宮球場へ野球を見に行ってきました。横浜ベイスターズVSヤクルトスワローズ。この3連戦は「東横シリーズ」と銘打たれていて、「東横沿線スタイルマガジン」というフリーペーパーを持っていくと、入場料が格安になってます。内野で1500円ぐらいだったかな。私たちはペアチケットという、2枚で1枚分の料金という、いわば半額チケットで入場していたので、詳細は不明。東横線沿線の住人でもないもんで。
 
まあ、そうやってダンピングしないとお客さんが入らないという……、カードでございますね、確かに。しかし、このセールが功を奏したのか、このカードにしてはけっこうお客さんが入っていました。
 
夜になっても気温が全然、下がらない熱帯夜で、試合は両チームとも拙攻、拙攻、また拙攻ってな感じで、なかなか勝負がつかず、11回まで、4時間半を超えた疲れるゲームとなりました。点は入らないけど、投手戦でもない……。観戦よりビールとおしゃべりモード(笑)
 
私はかろうじて本日中に帰宅しましたが、横浜の友人は午前様。厚木の友人は忍び足で家に入るハメになったようです。ほんと、神宮のこのカード、長い試合になることが多くて、何度、午前様の憂き目をみたことか。それでも勝ったスワローズファンは、帰らなくてよかったという感じでしょうが、サヨナラ負けをいただいたベイスターズファンは、最後のバッターが打った打球がセンターに抜けた途端にそそくさと荷物を片づけ、席を立っておりました。プロ野球もけっこう熱い、いや暑いです。



縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!
縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!

上に戻る | コメント(0)

打出の小槌(ストラップ)打出の小槌(ストラップ) ¥980
商売繁盛、福の神の恵比寿様、大黒様。サイコロはどこ転がしてもいい芽が出るサイコロ、災難を切るかえると心臓、肝臓、腎臓、すい臓、脾臓、身体に命令する脳を守るひょうたんが、縁起のいい打ち出の小槌に収まっています。縁を結ぶ祈願された5円玉も一緒に。
2007/08/23  (木) 

処暑

今日は二十四節気の1つ、処暑です。太陽黄経が150度のときで、「処は上声、止なり、暑気の止息するなり」、 暑さが収まる頃。昼間はまだ暑い日が続くが、朝夕は涼風が吹きわたる初秋のころと説明されていますが、本当かな? 今日は比較的涼しかったですけど、明日からまた猛暑再来とか。
 
8月に入ったばかりで立秋といわれるのも違和感がありますが、今年ばかりではなく、1年の内で最高気温を出すのは立秋から処暑までの間が多いそうです。処暑から次の節気の白露までの2週間余りも油断できない暑さで、この間に最高気温を記録することもあるようです。今年の残暑もまだまだ残暑は厳しそうですね。
 
とはいえ、夜中に耳を澄ますと虫の声が聞こえるようになりました。窓からちょっと涼しい風が吹き込んだり、日陰を探して歩いている炎天下でさえ、空を見上げれば雲にちょっと気配の違いを感じたり。ああ、涼しくなるのが待ち遠しいなぁ。1年中夏の地域に住んでるんじゃなくてよかった(^_^;)



縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!
縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!

上に戻る | コメント(0)

身代わり瓢箪身代わり瓢箪 ¥980
生まれ年の守護神があなたの厄をすべて身代わりとなってせおってくれるという瓢箪(ひょうたん)です。上部からのぞくと、それぞれの神様のお姿が見えます。色は白、緑、橙の3色あります。ご購入の際には「連絡事項欄」に“必ず”●生まれ年●ご希望の色をお申し出ください。
千葉神社「だらだら祭」
永福稲荷神社「しょうが祭」