ある小説の中に、世界を旅して「何を祀ってあるのかわからないんだけど、地元の人が拝んでいるものには手を合わせることににました。そうしたら、なぜか商売がうまくいくようになったんですよ」というフレーズがありました。SFだし、本筋とはまったく関係ないんだけど、心に残った一節です。そんなわけで(どんなわけで?)、日々の何気ないできごとを綴ってみようかと思います。
2018/02/09  (金) 

リハビリ開始。

手術から3週間。安静期間の半分が過ぎました。最短でもあと3週間、若くはないので、プラスαがあるかもしれませんが、時間というのは過ぎていくのだと、ちょっと明るい気持ちになってきます。リハビリが始まりました。といっても、安静期間中は、肩甲骨を開いたり閉じたち、肩を動かさないように腕に力を入れたり、抜いたり……辛気臭いことこの上ないのですが(笑)
 
執刀医のドクターは、神の手? と思うくらいに、術後3日間の点滴(たぶん抗生剤と鎮痛剤)が終わってから、痛み止めを使わなくても全然、痛くないのです。「先生、神の手?」と言ったら、爆笑されてしまいましたが(^_^;; いまの内視鏡手術って、これが普通なのでしょうか? あるいは、私がものすごく痛みに鈍感とか? そのドクターのご指示のもと、国立の理学療法士さんのところへリハビリに通うことになりました。コクリツではありません、クニタチです(笑) 遠くはないのですが、ちょっと交通が不便というか、乗換えが多いのが面倒なのですが。
 
ドクターはプロ野球チームとか、プロラグビーチームとかのチームドクターをやっていたりして、この理学療法士の先生のところに送り込まれてくるのも、ひぇ〜という選手だったりして。趣味でスポーツをちょこっとやっているようなオバサンには、もったいないような布陣なのであります。そこへ手術の経過や状態の書き込まれたDVDと共に診断書、さらには病院のリハビリ科からの申し送り状までついてきたというわけで……。私はオールスター明けぐらいには復帰できそうですが、CSまでには150キロぐらいの剛速球が投げられるようになるかもしれません(笑)
 



縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!
縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!

上に戻る | コメント(0)

コメント記入欄




打出の小槌(ストラップ)打出の小槌(ストラップ) ¥980
商売繁盛、福の神の恵比寿様、大黒様。サイコロはどこ転がしてもいい芽が出るサイコロ、災難を切るかえると心臓、肝臓、腎臓、すい臓、脾臓、身体に命令する脳を守るひょうたんが、縁起のいい打ち出の小槌に収まっています。縁を結ぶ祈願された5円玉も一緒に。


うれしい!
水栽培?