ある小説の中に、世界を旅して「何を祀ってあるのかわからないんだけど、地元の人が拝んでいるものには手を合わせることににました。そうしたら、なぜか商売がうまくいくようになったんですよ」というフレーズがありました。SFだし、本筋とはまったく関係ないんだけど、心に残った一節です。そんなわけで(どんなわけで?)、日々の何気ないできごとを綴ってみようかと思います。
2017/10/10  (火) 

スポーツ日和

右肩が動かせないだけで、歩いたり走ったりすることはできるのだけど、やはり億劫になったり、怖がったりで、ゴロゴロしていたところ、体重が1キロ以上増えてしまいました(-_-;; それも筋肉が減って体脂肪が増えるという悲惨な状況(笑) やはり運動は、大事ですね(^_^;; 昨日、今日は秋らしい晴天で(やや気温は高すぎるとはいえ)、さすがは晴れの特異日、体育の日であります。運動会をする学校も多いようで、スポーツ日和とテレビも言っていましたが、スポーツは無理! せめて散歩でもしてみようかと河原を歩くことにしました。
 
河原道をふさいでいた夏草は、管理者である東京都(たぶん)が、上流からいっきに草刈をしてくれました。足元に気をつけながら、歩いているとあちこちで「小さい秋」を発見します。まず、秋草が花をつけていますよね。花の咲いている草木やヨシ(たぶん)などは、草刈隊も避けて進んでいくので、あちこちにちょっとした野生の花壇が出没します。色とりどりといいたいところですが、秋の花は、春に比べるといくぶん地味な気配。人生の秋を迎える頃になると、こっちのほうが気持ちに添うようになりますけどね(^_^;;
 
すれ違った老ご夫妻から、「雲ひとつない空ね」という声が聞こえてきたので、私も思わず見上げました。「雲、一つ、二つはあるじゃん」と、とっさに思ったのは、人間がひねくれている証拠です(笑) しかも青空といっても、抜けるような……というわけにはいかず、やや霞んだ印象なのは、やっぱり異常気象のせいでしょうか。
 



縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!
縁起物のお買い物なら縁起堂本舗へ 送料無料&最大3割引!

上に戻る | コメント(0)

コメント記入欄




身代わり瓢箪身代わり瓢箪 ¥980
生まれ年の守護神があなたの厄をすべて身代わりとなってせおってくれるという瓢箪(ひょうたん)です。上部からのぞくと、それぞれの神様のお姿が見えます。色は白、緑、橙の3色あります。ご購入の際には「連絡事項欄」に“必ず”●生まれ年●ご希望の色をお申し出ください。


名月はどこ?
勝っちゃった!